---------- サイトメニュー --------------------------------------------------------------

トップ(ホーム)自動車保険の相場軽自動車の車両保険軽の保険料の相場

軽自動車の任意保険 相場を知るのが安心のコツ

軽自動車の任意保険の相場を見たことがありますか?

実際に各社の保険料を比較すると想像以上の違いの大きさに驚いてしまいます。

◇軽自動車の任意保険料 比較例◇

AAA損保 31,620円(代理店型)   CCCダイレクト 18,910円(通販型)
BBB海上 28,930円(代理店型)   DDD損保    16,670円(通販型)

【条件】5ナンバー軽自動車,10等級,初度登録H20年1月,ゴールド免許,東京,30歳未満不担保,夫婦限定,日常・レジャー,走行距離3000km未満,対人賠償:無制限,対物賠償:無制限,人身傷害:3千万円,搭乗者傷害:なし,車両:なし<※軽自動車は保険料率区分が5ナンバーと4ナンバーだけでモデルの違いによる保険料の違いはありません。>

この例では同じ補償、加入条件でほぼ2倍に近い差が出ています。
最高額と最低額の差は約1万5千円にもなります。

このような任意保険料の相場の姿を知らずに加入・更新すると、
軽自動車の維持費の安さが任意保険で消し飛んでいるのかもしれません。

一括見積もりは簡単な入力でスピーディーに任意保険料の相場を知ることができます。

利用は【完全無料】電話勧誘や対面勧誘の心配も全くありません。
毎年80万人以上もの人が利用している安心の無料サービスです。
利用しても加入義務発生などもありませんので気軽に申し込むことが出来ます。

相場が分からないままで自動車保険を決めるのは怖い


 ● 同じ補償で驚くほど保険料が違う

 意外かもしれませんが、いま自動車保険ほど各社の価格が違う金融商品は無いのかもしれません。
 保険自由化で中間コストのない直販型が次々登場し、自動車保険の相場は一挙に低くなりました。

 かつてのように、年齢や等級がわかれば大体保険料の検討が付くという意味での「相場」は、
 もう崩れてなくなってしまったと言っていいでしょう。

 現在24社もの損保会社などが競争し、同じ補償内容で保険料に2倍以上の差が出ることも珍しくありません。


 ●こんな実態を知らずに選んでしまうのが怖い!

 「この条件で相場はどのくらいになるでしょうか?」と尋ねると、

 <代理店型関係者> ⇒ 「6〜8万円が相場かな」

 <通販型関係者>  ⇒ 「3万円台が相場でしょう」

 というような答えになってしまうのが今の自動車保険の現実です。


 ●比較なしには選べなくなった

 もはや自動車保険は1社や2社の見積もりでは選べなくなりました。
 どこの保険会社にも通用する昔の意味での「相場」はもう崩れてしまっているからです。

 自動車保険の自由化後、一括見積もりサービスの利用者が急増しているのは当然のことでしょう。
 各社を一括して比べてみないと、どれが自分に適しているのか検討も付かないからです。

 一括比較で各社の相場を見てから自動車保険の加入・更新を行う人がどんどん増えています。

 毎年80万人を超える人が一括見積もり【無料】で自動車保険選びを行っています。

軽自動車にはエコノミーな任意保険が似合う


「任意保険が軽自動車の維持費で最も高い」
そのように感じる方が多いと思います。

任意保険の相場の様子や各社の価格の違いを知らずに高い任意保険料を払っているとしたら、 軽自動車のメリットを半減させているのかもしれません。

中でも通販型と代理店型の保険料の差は大きく
軽自動車でも同じ条件で任意保険料が数万円違うことも珍しくありません。

(※年間保険料が30,000円程度になり「普通乗用車より安い」と安心してはいけません。
保険会社を切り替えれば16,000円程度になるというような例も現実にあるのです。)


軽自動車の任意保険の相場が気になるなら、
また、維持費をもっと安くしたいと思っているなら
ぜひ一度、一括見積もりで各社の比較をして見ることをおすすめします。


注目保険会社を乗り換えても「等級」の引継ぎは心配ありません

一括見積で任意保険の見直しを行い保険会社を乗り換える時でも、任意保険の等級は心配なく引き継がれます。

保険会社が変わっても新規加入時の6等級に逆戻りすることはありません。


等級制度(ノンフリート等級制度)はすべての自動車保険会社が統一的に取り扱いことになっており、一人一人の保険証券の契約番号は保険会社同士で共通のデータとして共有されています。

等級が引き継がれるからこそ各保険会社は自社の任意保険への切り替えを勧めたり宣伝したりすることができるわけです。

軽自動車の任意保険の見直しで等級の心配はしなくても良いということです。



軽自動車=任意保険料が安い〜この先入観をリセットしよう!


「軽自動車の任意保険は安いからどこでもたいした違いは無い」

この誤ったイメージが軽自動車の保険料払い過ぎの原因なのかもしれません。


料率区分(保険料設定の基準)が5ナンバーと4ナンバーしかない軽自動車は、全体としてみれば確かに普通車より任意保険料は安くなります。

問題は、同条件でも各社の任意保険料の差が大変大きいことです。


「軽の任意保険は安いはずだがこんなものだろうか?」

そんな引っ掛かりがあったら、ぜひ無料の一括見積もりで各社を比較してみることをおすすめします。
あまりの差額の大きさに驚くかもしれません。


自動車保険の完全自由化で様々な任意保険から選択できるようになったのはいいのですが、その分注意しないと保険料払い過ぎの心配も多くなったということになります。

一括見積もりの利用者が増えているのは、賢い任意保険選びをする人が増えていることの表れでしょう。



−ここだけのお話−
車の上乗せローンってご存知ですか?
新車のローンに乗り替え前の車のローン残額の一部を上乗せすることです。
当面は助かるでしょうが、なんか危なそうですね。私だったら利用したくありません。


Copyright © クルマの保険 一括見積の使い方 All Rights Reserved.